スタッフブログ

2019.08.19更新

こんにちは。
次から次に台風がやって来て、なかなかカラッとした気持ちの良い天気で一日を過ごすことが難しいですね。

雨や台風じゃない日でも日本各地では人間の体温のような気温にまで上昇することもあるので、エアコンは手放せません。
皆さんは気怠い気分になったり、夏バテに悩まされたりしてはいませんか?
毎年毎年、気温は上昇するばかりでエアコン要らずの夏というのはまず無いでしょう。
無理にエアコンを使わずに過ごそうとすると熱中症など体調不良に見舞われることになります。
エアコンと上手に付き合っていくにはどうしたらいいのでしょうか?

そもそもエアコンが身体に良くないという理由はご存知でしょうか?
よく耳にするのがクーラー病、冷房病です。
簡単に言うと温度差の激しいところを出入りしてしまい自律神経の機能が低下してしまうことが私たちの身体に悪影響を及ぼします。

夏は血管を拡張し、熱を逃がしやすくしてくれ、冬の場合は血管を収縮させて熱を逃がしやすく調整していますが、クーラーの利いた部屋や建物から外へと行ったり来たりするなど、急に暖かくなったり寒くなったりすると、脳が混乱し体温調節機能が狂ってしまいます。
さらにその他の体の調整機能もうまく働かなくなってしまい、頭痛や寒気・肩こりを初めとしたコリやそれに伴う痛みや風邪を引きやすくなったり、体がだるくなったり食欲がなくなったりする人たちもいます。
突発的な自律神経失調症の一種で、お医者さんにかかっても治るわけではないので、自己管理が必要なのです。

しかし心がけ次第でその症状は和らげるし対策することも出来ます。
例えばエアコンの設定温度です。
標準的な設定温度は、25~28℃が良いといわれています。
よく出入りするのであれば、設定温度は「外気温-3~4℃」をひとつの目安にするといいそうです。
また、エアコンをつけっぱなしにすると、体が慣れて寒さにも鈍感になります。ときどきエアコンをとめ、窓をあけて外気をとり入れることを心がけたり、エアコンの風に直接当たることを避けたりすることを心がけることもいいでしょう。
帰宅直後やお風呂あがりには、すぐにでもエアコンの利いた部屋に入りたくなりますが、汗をかいた状態ですぐに入ると体を冷やし、体調をくずす原因になります。涼しくて気持ちがいいのは分かりますが程々にしておきましょう。
最近では30℃を超えることはしょっちゅうあります。冷房機能を使わず、除湿機能で乗り越えることもおすすめします。

もみほぐし堂では格安で大人気の全身マッサージがございます。
自律神経の乱れを整えたり、血流を良くしたりするだけでもエアコンによる体調不良はかなり軽くなります。
大人気のマッサージは60分2980円と大変お得です。
駅チカというのもお客様から喜ばれる理由の一つです。
大阪駅と阪急梅田駅の周辺に三店舗ございます。
ぜひ、お試ししてみてはいかがでしょうか?

もみほぐし堂スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。

もみほぐし堂のホームページはこちらから
http://www.momihogusido.com

 

もみほぐし堂大阪駅前第4ビル店
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目11-4 大阪駅前第4ビル
電話番号:06-6147-7800

投稿者: もみほぐし堂

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

阪急梅田駅前店

大阪駅前第4ビル店

大阪駅前第1ビル店